小じわ対策

スキンケアやボディケアアイテムの選び方とは・・

みなさんは、スキンケアやボディケアをするときに使うものをどのように選んでますか?

色々試した上で使用していると思います^^

  • 自分のお肌に合わなかった
  • 使ってみたら逆効果だった
  • いいけどコスパが高い

などの理由から、今お使いのアイテムを選んでるのだとおもいます。

アイテム選びに失敗していない人はいないのでしょうか?

ここでは、ボディーシャンプーの選び方や、お肌のケア方法について紹介していきます^^

お肌をいたわる為に…ボディーシャンプーの選び方って?

最近の若い人は昔ながらの固形石鹸じゃなくボディーソープの愛用者の数が多いようです。

低価格のボディシャンプーは皮膚に対して刺激が激しい場合が存在するので、コストとか見た目だけで選びがちだけど、どうゆうボディーソープなのか調べた後に購入すべきです

もし、敏感肌が原因でお肌に痛みとかゆみをかんじてるようであれば、薬用のボディウォッシュがいいらしいです。

成分がかゆみだとか痛みを楽にしてくれるために、毎日夜にあった不快感が消えるはずです。

冬に皮膚のかゆみや痛みがきつい場合は、タオルはやめて手を使って洗うのもアリだと思います。

しっかり洗えてるのか最初は疑問になるかもですけれども、ちゃんと泡立てたボディソープのふかふかな泡が体の表面の汚れや垢をきれいにしてくれるから大丈夫です。

痒みだとか痛みがある場合、保湿対策に重点を置きます。

ですが、ボディソープは洗浄力第一で考えて、保湿については風呂上がりにちゃんとクリーム等を使って行うのがいいです。

固めのクリームだったら潤いを肌の中に密閉するのでおすすめです☆

アトピー性皮膚炎などの敏感肌ならばそれ用のボディーソープだったりとかミルク配合の無添加で、薬用のボディシャンプーを買った方がいいそうです。

また、垢すり系のゴシゴシ洗うタイプのタオルじゃよくなくて、マイルドかつ皮膚に優しく汚れを落とすことができるボディー用タオルとかボディスポンジの方がよいでしょう。

なんとなく選びがちなボディソープも、日常で利用するものであるためボディーウォッシュの成分が身体に与える影響は極めて大きそうです。

どうしても、

  • 価格が安い
  • いい香りがする

ものを選びがちになりますよね。

しかし、コスパや匂いで選ぶのではなく、ご自身のお肌のにより合う商品を選ぶようにしましょう

商品によっては、テスターがあったりする場合もありますので、それを活用してみるのもおすすめです♪

お肌が荒れてる人に教えたいお肌のケア方法とは?

スキンケアの仕方以外にも、生活スタイルだったり食べ物などもお肌が荒れるよくある原因の一つとも言われています。

スキンケアを念入りにしても肌の状況に、その効き目が見られなければ、まずは自身のライフサイクルだったり食事だったりを見直してみるべきでもあります。

化粧品と同様に洗顔フォームも自身のお肌と相性のいい製品を使うべきです。

そうでないとお肌の不調の一因になることもあります。

悩んだ時は洗顔フォームは保湿力が高いものより洗浄力を売りにしているものを推奨します。

保湿は化粧水や美容液で洗顔後に足すべきです。

美白に特化した化粧水に変えたせいで肌が荒れてしまったという例も存在します。

そんな経験した方も多いのではないでしょうか?

美白用化粧水は白雪のようなお肌を目指すならば強力な武器ですが、皮膚へ浸透させるために合成界面活性剤配合の美白化粧水が多くて、これのせいでお肌に害を与えるケースもあると言います。

正しいやり方で洗顔によって、現行の化粧品を変えなくとも肌の不調が治る場合もあるんです。

肌をごしごししないで濃厚な泡でお肌を包み込んで洗顔することを心がけましょう!

お昼の汚れがすべて落とせるように、スキンケア以上に念を入れて洗いましょう☆

保湿をするならば、セラミドの含まれた化粧水をおすすめします^^

セラミドは本来お肌自体が持つバリア機能を高め、そして角質ケアもできます。

さらに、皮膚を外部刺激から防御すれば、お肌の不調を未然に防ぐことができるとも言われてます。

お肌の不調が、よくならなかったら場合には、お肌に優しいオーガニック素材で作られた石鹸を使ってみるのもアリだと思います。

洗顔フォームだと多くに界面活性剤が配合されていたりするんですよね^^;

中には、界面活性剤フリーのものもありますので、積極的にそういう物を選ぶようにしましょう^^

なるべく、お肌に刺激があるものは避けるようにする事が重要ですよ♪

刺激の少ない小じわ対策アイテムはこちら